京都屈指の予約困難店で、もはや幻なんじゃないかと言われている「食堂おがわ」の二号店が満を持してオープン!

店を任されたのは、長年「食堂おがわ」で料理の腕をふるってきた宮崎さん。

間違いないとしか言いようがありません!

これで少し予約が取りやすくなるといいのですが。

魅力あふれる食堂みやざきワールド、早速ご紹介します。

場所は四条西木屋町を下がってすぐ。佰食屋の隣です。

店内はすっきりとした広いカウンター。2階席はお鍋の利用で使うそうです。

メニューは「食堂おがわ」と大体同じです。

ではおまかせコースをご紹介します。

まずは筋子の飯蒸し。いきなり心を鷲掴みに!

白ズイキ。胡麻とお出汁のペーストが滑らかで旨み溢れています。

ふっくらとした香ばしいオイルイカ。驚くほど柔らかく、山椒の香りがほんのり心地いい。日本酒との相性は最強クラス。

ぎっしりと身が詰まった、わたりがに。そのままでもカニ酢でも。

うどの天ぷら。さっくりとした食感と豊かな風味が特徴的。

とここで、鱧の骨切り開始!この景色は食堂おがわでもお馴染みです。

焼き霜でいただきます。身がふっくらしていて美味しい。実は秋の鱧って美味しいですからね。

鰹の塩たたき。全く臭みもなく肉厚で美味しい。

茄子のくず煮。

優しい味わいながら、しょうがが程よいアクセントに。

すでにかなり満足なのですが、ここで終わらないのが人気店たる所以です。

カマス!!

滅茶苦茶脂がのっていて、香ばしくふっくら。

これはたまりません!

名物唐揚げももちろん登場!熱々ジューシー。

かもにゅうめん。旨みたっぷりのお出汁に肉厚の鴨とクレソン。これだけで専門店出来るクオリティです。

シメは奥さんの名前からとった「ももカレー」に出汁巻きトッピング。

ちりめん山椒が鎮座しています。

 

最初から最後まで満足しっぱなしの最強コース。お酒も飲んで一人1万円ほどが目安ですが、最高のコスパですね。

年内は既に予約一杯とのことですが、来年からの予約受付についてはこれから考えるそう。もしかしたらいけるチャンスがあるかもしれません。

 


【店舗情報】

☎準備中

営業時間/17:00~

定休日/不定休

住所/京都市下京区船頭町188

※最新情報は念のため店舗にご確認ください。

Similar Posts