阪急西院駅、京都市西部の主要駅である。一日の乗降者数は約37000人。

そんな西院駅になぜキョー速編集部が来ているのか?

この駅を利用したことのある方はご存知だろう。

この駅構内で起こる怪奇現象を。

それは謎の暴風が吹くこと。

どれぐらい凄いかと言うと、

これぐらいです。

もしくは、

これぐらい。古いですね。すみません。

まあとにかく強風です。

駅のいたる所に、

このような注意書きがあるほどです。

さらに注意アナウンスもひたすら流れています!

手摺を持たないと危ないほどの強風。その原因は何なのか!?

駅員さんに聞いてみた!

編集部:この風の原因って何なんですか?

親切な駅員さん:以前はもう一つ改札があってマシだったんですが、工事の関係で無くしたため、外からの風がこの階段に集中するんです。

西大路四条の南西角にあるこの改札ですね。ここに外からの風が吹き込むと。

編集部:昔はマシだったんですね。

駅員さん:これは聞いた話なのですが、昔は風を逃がす煙突のようなものもあったらしいです。景観に配慮して取り壊したとか。

編集部:初めて聞きました!

駅員さん:聞いた話なので違っていたらすみません。でも2~3年後の駅の工事が終わればマシになると思います。

 

ここで駅員さんから、さらに興味深い話が!?

この強風、電車によって風向きが変わるらしいんです!

分かりやすく駅構内図で説明しよう。

電車が駅に入って来ると、ところてん方式で空気が押し出され⇐のように流れます。

逆に電車が駅を出る時は、空気が引っ張られ、外から中へ風が流れます。さらに通常の外から中へ流れ込む風が追い風となって、めっちゃ強風となるんです!

なるほどー!

ということで、風向きで電車が到着したのか出発したのか分かってしまう読者の皆さんは、明日から西院駅マスターです!

 

おわり。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA