京都の街にまた個性的なお店の登場です。

牛の前バラ肉「ブリスケ」という肉通に人気の部位を使った様々なブリスケ料理がいただけるという京都初の専門店!

中でも看板メニューの「チャドルバギ」は、薄くスライスしたブリスケを焼きしゃぶのようにして食べる韓国料理で、濃厚なバラ肉の旨みと甘酸っぱいタレとの抜群の相性を堪能できます。

韓国旅行によく行く方には馴染みがありますね。

四条通りの室町の新町の間にある路地を上がると飲食店街となっていますが、こちらは撞木図子(しゅもくずし)と呼びます。

その中にかわいい外観がお目見え。trattoria mamma di Booの跡ですね。

店内はカジュアルな1階と、ゆったり寛げる2階のテーブル席。

《メニュー》

  • チャドルバギ 1500円
  • チャドルバギ・たいらぎ貝セット 2300円
  • 追加ブリスケ 1500円
  • 追加すね 1000円
  • 追加牛タン 1000円
  • 追加たいらぎ貝 1000円
  • キムチ 300円
  • だし玉子 300円
  • ブリスケごろごろカレー 600円
  • 茹で牛 500円
  • ブリスケごろごろカレー 600円

まずはチャドルバギを頼みつつ、他のブリスケメニューを追加していくのが「ロニー流」。

ということでチャドルバギが登場!

まずは周りにだし玉子を流し込みます。

こちらがブリスケ(1人前1500円)。黒毛和牛のブリスケを使っていて、綺麗なピンク色です。

特製の鉄板で焼いていきます。

程よい酸味と甘みが共存した絶妙なタレにくぐらせ、ネギを巻いていただきます。うまくないわけないですね!

ブリスケの上にタイラギ貝と高菜を乗せて巻いて食べるのもおすすめ。

サイドメニューのブリスケ料理もご紹介していきます。

こちらはブリスケのビーフジャーキー(300円)。アテにぴったりです。

ハンバーグ(600円)。柔らかく肉の旨みが溢れたハンバーグを甘めのタレで。

肉豆腐(500円)。こちらももちろんブリスケ使用。

ブリスケの脂の甘みもよく出ていて、豆腐も美味しい。

ブリカツ(700円)。世間一般の牛カツとは違いこれは新食感。

お酒はもちろん、白ご飯にも合いますね。

すでに人気メニューの仲間入りを果たした肉すい(300円)。

和風出汁が効いていて〆にぴったり。

 

これだけ多くの飲食店がある中で、こうした新たな個性が光るお店が登場するのは嬉しいですね。早くも京都の食通達が注目しているようなので気になる方はお早めに。


【店舗情報】Brisket RONY

075-746-7954

営業時間/14:00〜23:00

定休日/不定休

住所/京都市中京区新町通錦小路下る小結棚町434番地4

公式FB

※最新情報は念のため公式をご覧ください。

Similar Posts