LEXUSはこれまで「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」という日本の各地で活動する”次世代の伝統工芸”に挑む若き「匠」をサポートし、地域から世界へ羽ばたくことを支援するプロジェクトを行っており、今回このプロジェクトの「匠」達の作品を集結したクラフトの祭典となる展覧会「TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」が開催されます!

この展覧会はLEXUSと京都市の共催となり、開催に先立ち、 総合監修を務める小山薫堂氏、共催の京都市・門川市長が匠へのさらなる期待を語りました。

小山氏は「モノづくりは、何が出来上がるのかと同じくらいに、その作品が誰に出会うのかが重要です。」と強調。

「伝統と革新の融合によって生まれた匠の作品は人のライフスタイルさえ変えることもあり、これらの作品を発表するにふさわしい場所はやはり京都ではないでしょうか。」と京都開催の意義を語りました。

左よりレクサス沖野氏、総合監修小山薫堂氏、京都市・門川市長

イベント当日は、京都新聞ビル地下 1 階にて全国約 150 名の匠の作品が集結。会場演出は隈研吾氏が担当するという豪華なものに。 他に京都のクリエーターと匠のコラボレーションも予定していて、続報が待たれます。

【詳細】 TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT ~47 都道府県 150 人。若き匠の技と感性が交わる 3 日間。~

・日時:令和元年 11 月 29 日(金)~12 月 1 日(日)

・場所:京都新聞ビル 地下 1 階、平安神宮 額殿

・参加クリエイター: 隈研吾氏(建築家・東京大学教授)、廣川玉枝氏(SOMARTA クリエイティブディレクター)、 森永邦彦氏(ANREALAGE デザイナー)、辰野しずか氏(クリエイティブディレクター デザイナー)、 谷尻誠氏(建築家)

・主催:LEXUS

・共催:京都市等

・関連 URL:https://lexus.jp/brand/new-takumi/craft-connection-kyoto/

Similar Posts