三条東洞院と西へ。

三条通りからも特大ピザ窯が見えるこちら。

ピッツェリア?かと思ったらビステッカと屋号に。

ビステッカとはイタリア語でステーキで、フィレンツェでは特大の赤身肉ステーキがいただけますが、ビステッカメインは京都では珍しいですね。

元々軽井沢の人気店だったのですが、京都に移転してこられました。

それでは潜入します。

店内はテーブル席のみです。照明も暗めでシックな雰囲気ですが、お庭の解放感が良いアクセントになっております。

そしてこのワインセラー!これはインパクト大大大!

メニューはコースなら8000円~、アラカルトメニューも豊富です。

  • カポナータ 800円
  • カプレーゼ 1700円
  • グリーンサラダ 800円
  • ジュリエッタ(パスタ) 1600円
  • アーリオオーリオ ペペロンチーノ(パスタ) 1600円
  • マルゲリータ(ピッツァ) 1900円
  • ラティーニ(ピッツァ) 2200円
  • ビステッカナオキ 10000円
  • 鶏もも肉の窯焼き 2800円
  • ラムテッカ 3500円

お値段は少々しますが、シェフのこだわりが詰まった数々。

燻製三種盛り合わせ(2000円)。天然鯛、黒毛和牛ランプ、モッツァレラと魅惑な3品。燻香もかなり強めです。

今日のスペシャルから。マンゴーとアンチョビのパスタ(2300円)。

意外な組み合わせですが、甘味酸味が程よくてさっぱりといただけます。めっちゃ美味しい。

さて、名物の一つ、マルゲリータを。香ばしくてジューシーな仕上がり。

やや小ぶりなのは色々と他のメニューを楽しめるようにということかも。

ルパン(2200円)。アンチョビ、バジル、水牛モッツァレラのつゆだくオリジナルピッツァ。

これもめっちゃ美味い!

牛頬肉の赤ワイン煮(3600円)。

野菜と煮込んだ甘味と国産黒毛和牛のとろけるようなやわらかさ。

そして遂に登場!ビステッカ(200g10000円)!

お値段も半端ないですが、こだわりも半端ない様子。

メニューに書かれたコメントによると、シェフ50年の生涯をかけてたどり着いた1品だそうです。

秋田の超希少な短角牛を専用冷蔵庫で熟成、備長炭とピザ窯で一心不乱に焼き上げます。

表面は香ばしく、中はやわらかく赤身の旨さが溢れています。

一人でペロッといけますが、お値段もなかなかなので、二人でシェアぐらいがおすすめです。

 

かなり個性的なお店の登場は、イタリアン激戦区の京都にどのような影響を及ぼすのか!?

今後が気になるところです。

 

[店舗情報] BISTECCA NAOKI(ビステッカナオキ)


☎075-231-5831

営業時間/17:30~24:00(23:00LO)

定休日/火曜

住所/京都市中京区三条通西洞院西入塩屋町47番2

公式サイト

※最新情報は念のため公式をご覧下さい。

Similar Posts