因幡薬師の前で長年営業していた伝説の屋台が復活。前の店主の息子さんが、金土の週2日のみ営業されており、名物おでんや、新名物の唐揚げがいただけます。

場所は以前と同じ「因幡薬師」前。京都市内ではかなり希少な屋台です。

店内はカウンター6席のみ。 メニューは新名物のからあげ「もも200円」「手羽先200円」に加え、おでんが100円から揃います。

大根200円 たまご100円 焼き豆腐100円

おでんはいずれもよく味が染みていて熱々。肌寒い季節には、身体が芯から温まります。

ロールキャベツ 300円

お肉もたっぷりで食べ応えのあるロールキャベツ。キャベツもしっとり柔らかく絶品です。

牛すじ400円 ちくわ200円

丁寧に仕込みされた牛すじは、ダシが染み込み旨味たっぷり。ちくわもしっかり味が乗っています。

からあげもも200円

おおぶりでジューシーなももからあげが一個からオーダー可能に。お腹に余裕があれば2〜3個まとめて頼むのがおすすめです。

長年営業されていた名物屋台だけに、復活を喜ぶ馴染み客も多そうです。 席数も営業日数も限られているのでご注意を。

⇒YouTubeはこちら

【本当は教えたくない】現存する京都最古の屋台「いなば」が復活! – YouTube

店舗情報

営業時間/17:00〜21:00

定休日/月曜火曜水曜木曜日曜※金土営業

所在地/京都市下京区烏丸松原上因幡堂728

※取材時の情報のため、最新情報は念のため店舗にご確認ください。

Similar Posts