猪熊通り六角を上がった路地奥に居心地の良い酒場がオープン!

料理は本格的で、鮮魚や野菜を中心に九州の郷土料理などもいただけます。

「立呑み」と謳いつつ落ち着けるカウンター席もあり、立ち飲み屋というより和食店に「立ち飲み席もある」というニュアンスの方が近そうです。

場所は三条会商店街から猪熊通りを下がると西側にあります。

「町家カフェ檸檬」の隣にある路地奥です。

以前、京速編集部も愛用していた「火の車」さんの跡ですね。

このアプローチが非日常へと誘うかのよう。

店内はL字カウンター席、

ドラム缶のスタンディング席とあります。

カウンターには新鮮な素材がずらり並べられています。

《メニュー》

  • 生カキ1コ 800円
  • かつお刺し 950円
  • 地ダコ刺し 850円
  • かつお炙り 950円
  • 生とうもろこし 450円
  • ゴーヤ玉子炒め 750円
  • 肉炒めもやし 650円
  • キス天 750円
  • ちゃんぽん皿うどん 950円

メニューは日替わりで、旬の素材を堪能できるスタイル。店主の修業先が九州の郷土料理もよく提供していたことから、九州の料理も味わえます。

ちょこっとずつ盛り(800円)はその日の「とりあえずメニュー」を盛り合わせてくれる嬉しい一品。この日は、ツナサラダ、ひじき、アスパラベーコン、万願寺お浸し、ツブ貝など。

しまあじの胡麻和え(950円)。新鮮なしまあじに葱と胡麻がたっぷり。

間違いなくお酒に合いますね。

とうもろこしとズッキーニのかき揚げ(750円)は塩で。

野菜本来の甘みを堪能できる一品です。

一軒目からしっかりいただくのも良いですし、深夜2時まで営業しているので2軒目、3軒目使いでチビチビお酒を飲みながらアテをいただくのもおすすめです。


【店舗情報】立呑みおおはし

075-406-7201

営業時間/17:00~26:00

定休日/不定休

住所/京都市中京区三条猪熊町626-1

※最新情報は念のため店舗にご確認下さい

Similar Posts