昼と夜で違う業態をやるお店、いわゆる二毛作店が増えてきています。

経営が変わるパターンで有名なのは、御所南エリアの昼は「とおる蕎麦」、夜は日本酒BAR「よらむ」。

新町錦のお昼はカレー屋「アジパイGAKU」、夜は煮込み料理屋「にこみや岳」。

同じ経営でも、昼は鶏肉店で夜は立ち飲み「堀川鳥岩」など有名ですね。

 

今回のお店は、昼は「ラーメン屋」で夜は「焼き鳥屋」という魅惑しかない二毛作。

まさに鬼に金棒やん!

ということでまずは[ラーメンまるふく]からご紹介!

場所は千本一条のローソンの北隣。

そう!京都のラーメン好きで知らない人はいない[麺屋裕]があった場所です。

夜は焼き鳥屋ということで、スープは京赤地鶏の鶏ガラと豚骨を使っているそうです。

優しい味わいですが、飽きのこないラーメンです。

ラーメン650円、チャーシュー麺850円です。

ラーメンとセットでチャーハンか炙りチャーシュー丼のミニをセットで付けられます。900円。

ミニと言いつつ結構なボリュームがあります。

 

では夜の[焼鳥まるふく]はどんな感じか!?

赤ちょうちんと暖簾が変わってる!

カウンターは昼と同じ感じです。7席だけのこじんまりとした雰囲気。

メニューは定番がメイン。

  • モモ 220円
  • ネギマ 200円
  • つくね 220円
  • ハツ 180円
  • ムネ 180円
  • やげんなんこつ 200円
  • かわ 180円

他にその日の一品が10品ほどあります。

オーダーが入ると寡黙な店主が1串ずつ丁寧に焼き始めます。

ねぎま!

1品ずつ提供されるスタイル。

焼き加減、タレの味付けもちょうど良い感じ。

ササミ梅しそ。

ササミチーズ220円。

この日の1品。あつあげ300円。

カリッと具合が大事な逸品。

そして握りこぶしのようなつくね!

ふっわふわで軟骨ナシタイプです。

これは旨い!

 

ということで昼夜と違う顔を持つニューフェイス!

夜は近くに西陣京極もあるのでハシゴ酒にもピッタリかも。

 

[店舗情報] まるふく


営業時間/11:30~14:00 18:30~21:30(LO)

定休日/不定休

住所/京都市上京区北伊勢殿構町684-3

※上記情報はオープン時のものになります。

 

Similar Posts