「嵐山最近行ってへんわー」という方、結構多いと思います。

観光地のイメージが強いし、食事に行くといっても中心部から微妙に距離があります。

人気店はどこも観光客の行列なんやろ?とか思うとなかなか…

でも!

圧倒的な個性があり、ゆったりと過ごせて、料亭みたいに高くないお店があるとしたら…行ってみたくなりますよね?

それがこちらの嵐山MITATE。早速潜入!

今回はゲストに四条烏丸の人気イタリアン【sketch.】のオーナーシェフ廣瀬氏をお招き。

以前インスタ映え企画の連載でもご紹介したあのカルボナーラで有名ですね。

入店して長いアプローチを抜け、

桜が咲くお庭の奥にある「離れ」が今回のお席です。

この日も満席とのことですが、全てゆったりとした個室なので騒がしさは微塵もありません

そしてもう一人のゲスト。

東洞院仏光寺にある【欧食屋Kappa】オーナーシェフ石橋氏。こちらは京都市内で唯一の日本野菜ソムリエ協会認定レストランらしいです。

30種の野菜が入ったサラダが有名ですが、なんとオリジナルドレッシングの販売開始したそうです。

ちなみにMITATEさんの離れには特大ワインセラーがあります。

見てるだけで楽しい。

それではぼちぼち食事を始めます。

こちらのランチは5000円と7500円のコース二本です。今回は5000円をチョイス。

1品目。シェフ見舘孝司からご挨拶の一品。

色々とストーリーのある一品に一同「へえ~」と驚く。

でもこの驚きは序章に過ぎなかったことにこれから気づくことに。

2品目。なにこれ?玉手箱?浦島太郎?

お造り3種でした!見た目も綺麗でテンション上がります。

ただ食べるだけでなく体験型の食事です。

3品目。こちらMITATE風サラダらしいです。サラダらしさは微塵も感じません。

むしろスイーツ?

でも食べたらびっくり。とうもろこしのカステラと筍のエスプーマが見事に調和しています。こんなサラダなら野菜嫌いの子供が世の中から無くなるんちゃいますか。

4品目。またドエライ煌びやかな一品が登場!

廣瀬氏:これ何ですか?

スタッフ:八寸です。

一同:八寸!?

これは写真撮るしかないですね。

石橋氏:あ、ホオズキ使ってますね。いーなー。うちも使いたいな。

編集部:使えないんですか?

石橋氏:ホオズキ高いので、使うと料理の価格上がってしまうんです。

編集部:なるほどー。

廣瀬氏:1個〇〇円ぐらいしますからねー。北海道のレストランで修業している時はその辺に一杯落ちてましたけどね。

さすが料理人は視点が違います。

石橋氏:そういえば廣瀬くん、ヴィーニイタリーどうやった?

廣瀬氏:大変やった。

編集部:なんですか?ヴィーニイタリー?

石橋氏:イタリアで行われるワインのフェスタなんです。

編集部:イタリアまで行ったんですか?

廣瀬氏:はい。すごい規模で、朝の10:30から17:00までひたすらテイスティングです。笑

編集部:それ全部飲むんですか?

廣瀬氏:最初は飲んでたんですけど、途中で無理!と思ってテイスティングして吐くようにしてました。

ワインの勉強は奥が深いですね。

5品目。本日のメイン料理。

保津川の流れをイメージした盛り付けにサクラマスの瞬間スモークや天使の海老の田楽などが映えます。

編集部:天使の海老って美味しいですねー。最近よく見かけますね。

廣瀬氏:味が安定して美味しいので良いですね。

石橋氏:去年全然とれなかったんですよ。

廣瀬氏:そうそう。有力店に優先的に卸されてました。

素材一つでも色々と事情があるようです。

6品目。桜色の椀物。

ほっこりします。椀物はやっぱり嬉しいです。

7品目。おこげが付いた羽釜炊きご飯、赤出汁、ご飯のお供。

8品目。ここでスイーツ!女子受け抜群のビジュアルです。

しかも苺のエスプーマを上からかけてもらいます。

ホワイトチョコレートと混ざり合って抜群の美味しさに!

9品目。桜の木に咲くようにお茶菓子が。

全ていただくと桜が散って、春が終わる。。

粋が過ぎる!

コース料理で日本の季節を表現するだけでなく、その儚さや美しさまで感じさせるとは恐れ入りました。

これはわざわざ来る価値があるのも頷けます。

最後にオーナーシェフが挨拶に来てくれました。

シャツの色も桜色でした。

偶然にも。

おわり。

 

[店舗情報] 嵐山MITATE(嵐山みたて)


営業時間/11:30~13:30 17:30~20:30

定休日/水曜

住所/京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33-25

※上記情報は取材時のものです。最新情報は店舗にご確認ください。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA