暖かくなってきて、というか暑くなってきてお出かけ日和な今日この頃。

日帰りで美味しいものでも食べに行こうという連載をスタートします。

なかなか旅行できないという忙しい方のために、手軽に非日常を感じてリフレッシュできるお店を紹介していきます。

記念すべき第1回は能勢町にあるピッツェリア[グリージョ・エ・アオ]さん。

能勢町と言えば亀岡市の隣、京都市内から車で1時間~1時間半ほどの距離です。

のどかな田園風景が拡がり、豊かな自然に囲まれた1軒の古民家。

天気が良ければ最高のロケーションです。

隣には小川が流れています。少し散歩してみると気持ちいい。

ピザ窯からの煙がモクモク、里山に流れていきます。

のどかです。薪割りした薪を窯に使用されているそうです。
都会の喧騒を離れての自給自足の生活とか憧れてしまうなー。

広々とした店内はカウンターとテーブル席がゆったり配されています。

料理は単品とコースですが、季節のコース2500円がおすすめです。

喉ごしの良いオーガニックビールがまた雰囲気にピッタリで最高です。

前菜その1。地元で採れた野菜を少しずつ。オリーブオイルとの相性も抜群。

前菜その2。鶏のグリルにセリとアーモンドのソース。

メインのピッツァは5種類からセレクト。こちらは王道マルゲリータ。

ピッツェリアにくるとまず頼んでしまう一品。そのお店のクオリティも分かりやすいし。

もっちりしていて、チーズも美味しい。

蕨(わらび)のピッツァ(+200円)。珍しい一品ですが、わらびってこんなにピッツァに合うか!!?うっま!

自家製サルシッチャ、葉玉ねぎのピッツァ(+400円)。

サルシッチャとはイタリアのソーセージみたいなもんですが、自家製なんですね。良い塩加減で葉玉ねぎと合わさってこれまた美味しい。

自然派のイタリアワインと合わせていただきたい。

ちなみにパスタも選べます。こちらも美味しいので、オーダー迷ってしまいます。

見た目もきれいなドルチェには旬のイチゴ。もちろん能勢町産。

食後は紅茶かコーヒー。

コースは安いし、能勢町の食材と空気を心行くまで満喫できます。

まだオープンして一年ほどですが、息抜きも兼ねてまた来たくなるお店です。

おわり。

※連載タグ「お出かけめし」で一覧をご覧いただけるようになります。

 

[店舗情報] grigio e ao(グリージョ・エ・アオ)


営業時間/11:0014:00ランチ 14:00~18:00カフェ

定休日/火曜 水曜

住所/大阪府能勢郡能勢町山田33-1

公式サイト

※上記情報は取材時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA