京都にラーメン屋ができ過ぎて、新しいお店でもどっかで聞いたことのある謳い文句を聞くことが多い。

でもこちらは、割烹料理店【ありがたや】の店主がラーメンを研究し、自分のお店をたたんでこちらをオープンという斬新さ。

早速京都のラーメン通の間で話題になっとります。ラーメンさのやの跡地です。

初日からこんな感じで行列です。

出汁が命のラーメンの店主が和食出身だと期待値は上がりますからね~。

京都のラーメン通の皆さんは情報早いです。

店内はカウンターのみ。※座敷も一応ありますが使われていませんでした。

ラーメンは醤油、塩、味噌3種。

極塩らぁ麺850円。澄んだスープは二種類の天然塩に数種類の海産物を加えたもの。

徐々に旨みを感じていく不思議な感覚。

麺は麺屋棣鄂のちぢれ麺。もはや説明不要のクオリティ。

香辛(スパイシー)味噌らぁ麺850円。この色カレーやん!と思ってしまいますが正真正銘の味噌。白味噌と赤味噌に香辛料を加えていますが、スパイシーも程良い程度で食べやすい。

こちらも麺屋棣鄂。肉は弘。美味しいです。

実は素材も京都のものを中心に使われています。さすが割烹出身らしいです。

 

大盛りなどはありませんでしたが、これから色々と追加メニューがあるかもしれません。

 

[店舗情報] 一盌清右衛門


営業時間/11:00~15:00

定休日/不定休

住所/京都市上京区古木町405

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA