祇園に新しいカフェがオープンしたと聞きつけ、昼の花見小路へ。

錚々たる顔ぶれから届けられたお花。

そして威風堂々とした店構え。

編集者としての感がただのカフェじゃないと告げている。

いや、誰でもそう思う。

お靴を脱いで上がります。

すると歴史ある建物と調和したカフェスペースがお目見え。

「はえー!お金かかってんなー」

高級料理店やBARではなく、カフェ。なんとも贅沢な空間。

来京の知人がカフェ行きたいと言い出したら、ここにきてドヤ顔しよう!

そんなことを考えている内にきました。スイーツ!

大福ショート

カタラーニャ

お庭を眺めながら、ゆーーーーっくり味わいました。

美味でございます。

大満足で帰ろうとすると、物販コーナー発見。お土産に良い感じ。

靴を履き、退出する時に一力亭さんからのお花を発見。

あれ?

ん?

万治カフェ?

万?

「一」+「力」で万!?

そうか!!

お店の方に訪ねてみると、やはりそうでした。

京都で最も格式の高いお茶屋さんの1つ、祇園一力亭さんのご親戚がオープンされたそうです。

立地、お花の数、洗練された空間、全ての点が繋がった!

そら良い店のはずです。

おもてなしカフェとして重宝させていただきます!

 

[店舗情報]


営業時間/11:00~19:00

定休日/水曜

住所/京都市東山区祇園町南側570-118

※上記情報は取材時のものです。

 

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA